カジノバーは合法?摘発されるカジノとの違いは?

昔はカジノといえば海外に行かないと遊べない夢の遊びというイメージだったものですが、今日の日本ではアミューズメントカジノやカジノバーといった本場のカジノゲームをプレイできる施設も多いです。

ですが、「カジノバーは違法じゃないの?」という疑問を持っている方も少なくないと思います。

「闇カジノで逮捕者」といったニュースを目にすると、どうしても不安になってしまいます。

当記事では、どこまでが合法でどこからが違法なのか詳しく解説しますので、カジノバーやアミューズメントカジノに行く前に参考にしてください。


なお、家でも遊べるオンラインカジノでおすすめなのは「遊雅堂」です。30秒で無料登録ができるので、今すぐ下のバナーをクリックして、種類が豊富なスロットやテーブルゲームを楽しんでみてください。

カジノバーって結局合法なの?

GOOD
結論から言うと、合法です。

 

風俗営業法という法律があり、カジノバーはメダルゲーム、UFOキャッチャーなどがあるゲームセンターやお酒や料理と一緒にダーツが遊べるダーツバーと同じ第5号営業にあたります。

 

今までの人生で、1度はゲームセンターに行ったりUFOキャッチャーを遊んだことはあるのではないでしょうか。ゲームセンターで遊んでいて逮捕されるかどうかの心配はしなくていいですよね。

 

それは、法令順守された元営業しているお店で遊べるから安心してあそべるのです。

もしもカジノバーで違法摘発が起きた場合は、例えば賭博罪にあたるような別の根拠があるはずです。

 

最初に違法カジノバーにあたる特徴はどんなものがあるかを解説します。

 

チップを金品に換金できるカジノは違法

カジノバーではチップを貸出するのにお金がかかりますが、勝ってチップが増えたとしても金品に交換することは出来ない法律になっていますので、もし換金出来てしまったらカジノ賭博として違法行為になってしまいます。

 

メダルゲームでメダルを貸出するのに枚数に応じて貸出料金が掛かりますよね。増えたメダルを再度引き出しすることは出来ても、金品に換金は出来ないのは、周知の事実だと思います。

 

違法カジノバーでは、増えたチップや余ったチップを換金出来てしまう点が特徴です。

日本で禁止されている賭博罪になってしまいますので、換金できるお店で遊ぶのは危険です。

 

カジノバーのチップは、無くならなければチップを追加で購入せずに遊べるのでなんとか増やし続けようというのを楽しむもので、換金するためのものではありません。

 

IR(カジノ)法案が通って日本でカジノは合法になったの?

IR法案は「今後カジノを含めた複合施設を日本に建設しましょう」という、2016年に可決された法案です。

 

シンガポールにあるマリーナベイサンズや中国のマカオ、アメリカのラスベガスみたいなカジノが国営で建設できるようになったというイメージです。

 

ただし、現状ではお金でチップを賭けてしまうと前述の通り賭博罪が成立するため、いわゆる賭けポーカーは許されません。

 

違法カジノバーではない合法なお店で、お金を増やすことではなく楽しむことを目的としてプレイしましょう。

違法カジノバーのパターン

街
「通いたいカジノバーが違法か心配」という方に、該当のカジノバーが違法と判断できるパターンをご紹介します。

 

パターン①増やしたチップをお金にできる

チップの換金行為は、明らかな違法パターンです。

 

ゲームセンターのメダルをお金に出来たら捕まってしまうことは容易に想像できるでしょう。それと全く同じイメージです。

 

日本で許されている賭博行為は、競艇や競輪といった公営ギャンブルだけです。

パターン②チップを賞品と交換できる

カード
パチンコでは「増やした出玉や端玉をお菓子やタバコ、特殊景品に交換できるのでは?」と考える方もおられるかも知れません。

 

しかし、法律上パチンコは交換できる風俗営業法第4号で、カジノバーは交換できない第5号なので、交換してはいけないのです。

 

パチンコは実際には特殊景品をお金に換金することでまるでお金を賭けているようなギャンブルになっていますが、三点方式というグレーな方法で合法的なものです。

 

何度も例に挙げている通り、カジノバーのチップはメダルゲームのメダルです。
ルーレットやバカラといったゲームでお金が増やせるのは実際のカジノです。

お金や賞品に変えられるカジノバーに行くのはやめましょう。

接待行為が可能なカジノバー

接待といえば、飲食店、キャバクラなどの夜のお店など様々な業態を想像するかもしれません。その中に、カジノバーは接待可能なお店にカウントされるのでしょうか。

 

結論はNO。接待が可能な業務は風俗営業法第1号である必要があります。

先述のキャバクラは第1号です。

 

ですので、該当のカジノバーで第1号営業の許可があれば合法です。

基本的にはカジノバーは第5号営業であることが多いので、接待行為は認められないということになります。

 

違法カジノバーに行ったら捕まるのか?

手錠
「闇カジノで逮捕者」といったニュースを見ると、自分が行こうと思っているカジノバーは大丈夫だろうか、と恐怖を覚えますよね。

 

「違法カジノバーの特徴が見られない合法カジノバーなら問題なし」という知識があれば、安心してカジノバーで楽しむことが出来ます。

 

ただ、合法カジノバーで知り合った人にお金を賭けられて稼げるカジノがあるよと誘われて、突発的に裏カジノや違法カジノに行ってしまった場合どうなってしまうのでしょうか?

 

もし、違法カジノバーで遊んでしまった場合どうなるのか解説します。

お店(違法カジノバー)に関わった人は全員逮捕される

違法カジノバーに関係する人は理由問わず全員逮捕の対象者です。「運営者を取り締まる法律はあっても参加者や客はないはずだ!」と思うかもしれませんが、その認識は誤りです。

 

がさ入れがあったところを放送した番組をご覧になったことがある方もいると思いますが、多人数で押し寄せて来た警察がお客さんもまとめて足止めにして一旦逮捕します。

 

一度の過ちで、今まで積み上げて来たものやその後の人生を台無しにするのは、はっきりいってもったいないです。お金だけでなく人生まで賭けてまで行く勇気はありますか?

 

お金を賭けていることを知らなかった場合

その場にいただけで、一旦拘束されます。

 

知っていたのか、知らなかったのかを証明するすべはありませんので、知らなかったでは済まないのです。

 

ただし、知らなかったことをしっかり説明し、過去に換金をしていないことを証明する努力をすれば逮捕されない可能性は高まるでしょう。

 

先述の通り、その場にいたという事実が残りますので今後の社会的地位に影響を及ぼすかもしれません。

 

合法カジノバーであることを確認してから行こう

「逮捕されるのは怖い、カジノバーに行くのはやめておこう」と身構えすぎることはありません。実際にカジノバーやアミューズメントカジノの利用者が爆発的に増えているのは、日本にいながらリアルなカジノを楽しめるからです。

 

初めて行くお店は、ツイッターや掲示板といったSNSで下調べをしておきましょう。

換金できるような違法カジノバーは、簡単に詳しい情報が書かれています。

 

「ボーナス」「飲食無料」「高還元率」といった謳い文句は違法カジノバーの典型例です。通常のカジノバーで飲食は有料ですし、還元率はお金を賭けているときの用語です。

逮捕されたらしょうがない、というものではありませんので自分の身は自分で守る努力をしてください。

 

カジノバーまとめ

カジノバーは、どうしてもアンダーグラウンドのイメージが先行してしまいがちです。それは、ニュースで取り上げられるときは決まって違法カジノの摘発だからです。

 

ゲームセンターは市民権を得ていますが、カジノバーも少しずつそうなっていくといいですね。そのためにも、ぜひ今人気の合法カジノバーに足を運んでみて盛り上げてください。

 

裏カジノやインカジと呼ばれる店舗でオンラインカジノをやらせるお店は違法ですが、オンラインカジノは適切なライセンスを取得しており合法です。

当然、実際のディーラーとリアルマネーを賭けてプレイすることが出来るため、国内で数百万人のプレイヤーが存在します。一番人気のカジノサイトは「ベラジョンカジノ」です。
今なら当カジノ限定で入金不要ボーナスもございますので、是非チェックしてみてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

お得に遊べるおすすめカジノ