一攫千金を狙え!宝くじよりも現実性のある職業・副業など徹底解説

一攫千金は多くの人の夢でしょう。しかしお金を増やそうとしても現在の仕事を辞めるわけにもいかず、ポイ活など流行りの副業をやっていても年間数万円から数十万円ほどが限界で、もどかしい思いをしている方も少なくないことでしょう。

そんなあなたのために、当記事では宝くじや競馬の一千万馬券など非現実的な方法ではない現実的な方法をご紹介していきます。

なお、ネットで今すぐ一攫千金を狙いたいのであれば、オンラインカジノの「遊雅堂」がおすすめです。高配当のスロットやテーブルゲームを多数取り揃えており、簡単にプレイが可能です。30秒で無料登録できるので、今すぐ下記のリンクをクリックして、一攫千金を達成しましょう。

一攫千金とはいくらか?


一攫千金、とは何円のことを指すのでしょうか。
人によって1,000万円、1億円、10億円とばらつきがありそうな質問です。

答えは、そのどれでもなく「一度に千をつかむような大金を得ること」です。
世間的に長く遊んで暮らせる大金でいうと、1億円~10億円くらいでしょうか。
1000万円~1億円でも今後の生活に余裕が出来るお金ですし、結局により一攫千金がいくらかというのは、人によりけりではあります。

現実的に稼げる4つの仕事


稼げる、という言い方が抽象的なのでここでは2021年の20代の平均年収が350万円なので、
この倍の年収700万円を超える仕事をご紹介します。

平均年収1000万円越え
  • 医者(医師免許が必要)
  • 法律弁護士(司法試験の合格が必要) 
平均年収700万円越え
  • 税理士(税理士試験の合格が必要)
  • 公認会計士(公認会計士試験の合格が必要) 

表にしてみると、国家資格が必要な専門職が多数を占めます。

普段から利用するサービスで現実的な職業とはいえ、今から思い立って勉強を始めてみるのは学生でない限り現在の仕事の兼ね合いもあって転職しなければいけなかったりで、リスクとリターンで相談するひつようはありそうです。

専門職でない稼げる職業6種

社会人になった今からでも目指すなら、専門職以外という選択肢も考えていきましょう。
基本的には資格がいらず、20代の平均年収の約1.5倍である500万円を超える職業を3種類ご紹介します。

ウェブ系

平均年収 職業
ウェブプロデューサー 約700万円
ウェブデザイナー 約500万円
ウェブプログラマー 約500万円

その他

平均年収 職業
営業職(インセンティブ含む) 約500万円
事務・管理部門 約500万円
医療系専門職 約500万円

引用:年収500万円台の職業ランキングより


社内でも電車内でも左右を見渡せば全員がスマホを見ている人ばかりのご時世。
ウェブ関連の職業は需要が非常にあるため売り手市場なことが見て取れますね。
求人情報にもウェブ絡みの募集が多く散見されます。

他にも、トップ営業職は会社によっては莫大なインセンティブが1度に支給されるので
500万円を軽く超えてきます。中堅営業職でも大企業なら狙えそうですね。

管理部門は、勤続年数がある程度必要なイメージの通り入ってからすぐには就くことが出来ないですが、キャリアを積めばどの分野の会社でも狙えるポジションですね。
医療系専門職で500万円以上の年収を得られるのはどの年齢でも可能のようです。
  • 急性期病院の病棟看護師(20代女性)
  • 大手調剤薬局の薬剤師(30代女性)
  • 病院の作業療法士(40代男性)
一例として、このようなサンプルがありますので参考にしてみてください。

一攫千金を狙え!運任せ以外の方法4選

ご紹介した通り、大きなお金を地道に稼ぐのは時間もかかりますし労力が掛かります。
学歴も業界の経験も必要になってくるのは限定的で、全員には現実的ではないかもしれません。

それを踏まえると一攫千金というと、そういったものに囚われずに男性女性問わず仕事として働く必要のない、不労所得になりうるものや投資によるもので狙うのが合理的になります。

以下の4つはおすすめの一攫千金を狙う手段です。

  1. アフィリエイト(トップアフィリエイターは月収数億円)
  2. 海外のFX(国外の高レバレッジ取引)
  3. 暗号通貨(各種仮想通貨)
  4. オンラインカジノ(日本でも10年前2,000円1.2億円の当選者が出ている)


気になる内容を1つずつ解説していきます。

アフィリエイト(トップアフィリエイターは月収数億円)

アフィリエイトとは、サイトに訪れた人が広告を見てクリックしたり、ページに飛んだ先で商品やサービスを購入した時にその広告を載せてあるHP主に広告料が落ちるビジネスです。

アフィリエイトが流行り始めた頃は誰でも簡単にアフィリエイターになれて、それなりの収入が期待できましたが、今は群雄割拠で経験やノウハウを持っている人が独占しているイメージがあります。

もちろんコツコツと様々な成功モデルを取り入れていき、独自のアフィリエイトモデルを確立できれば年収数億円といった高収入で一攫千金に大きく近づけることでしょう。

海外のFX(国外の高レバレッジ取引)


FXと言えば大きく資金を増やすこともできますが、自分の資金より多くマイナスになってしまい多額の借金を抱えてしまうといったマイナスイメージもあります。

しかし、これは国内のFX業者のシステムに限った話です。
海外のFXでは「ゼロカットシステム」と言われる、元本が0円になった上に借金を背負わされる事がないシステムが存在します。

また、海外FXは入金ボーナスという資金を何倍かに増やした状態で購入ができる特典があったり、認められているレバレッジ(実際にある資金に倍率をかけて取引できる)も日本国内に比べて高いものが多いです。

最近は特に大きく為替市場に値動きが見られます。
この通貨が暴落する、高騰するといった予想を当てられさえすれば、少ない資金で1000万円や1億円といった一攫千金も短期間で得られる可能性も現実的にあるでしょう。

暗号通貨(各種仮想通貨)

仮想通貨
ここ最近でよく耳にする仮想通貨ですが、これも一攫千金の夢を秘めています。

誰もが知っているビットコインは最初1ビットコイン0.07円だったのです。
ご存知の通りビットコインの価格は跳ね上がり、一時期は1ビットコイン700万円を超えたこともあります。

たらればの話になってしまいますが、一番最初に100ビットコインを7円で買って、てっぺんで売ることが出来ていれば7億円。その差は1億倍です。

仮想通貨はFXや株よりも値動きが激しいので、元本を失うリスクはありますがどの銘柄が高騰暴落するかを当てることが出来ればスピーディーに億り人になれるかもしれません。

オンラインカジノ(日本でも10年前1.2億円の当選者が出ている)

オンラインカジノ
このサイトでも多く取り上げているオンラインカジノは、カジノと銘打っている通り一攫千金を狙うにはもってこいの手段です。

カジノには、ルーレットの赤か黒を当てて掛け金が2倍になる初心者向けゲーム以外にもスロットで高額ジャックポットを当てるゲームも存在します。

ジャックポットは種類がいくつかあるのですが、中でも「プログレッシブジャックポット」と呼ばれるものは今までに遊んだ人たちのかけ金の一部が積み立てられていき、当たった人が全額受け取れます。

一見運要素が強いように思ったかもしれませんが、プログレッシブジャックポットは金額が積みあがっている時といない時で確率はかわりませんので、積みあがっている時だけ狙うという方法を使って一攫千金を狙うことはおすすめです。

結果的に、ギャンブルや投資でも頭を使うことがポイントです。
おすすめオンラインカジノはこちらをチェックしてみてください。
【おすすめ7選】オンラインカジノの選び方やメリット・デメリットを解説

まとめ

当記事で仕事以外に一攫千金を狙う方法として以下の4つをご紹介していきました。

  1. アフィリエイト(トップアフィリエイターは月収数億円)
  2. 海外のFX(国外の高レバレッジ取引)
  3. 暗号通貨(各種仮想通貨)
  4. オンラインカジノ(日本でも10年前2,000円1.2億円の当選者が出ている)

いずれも、資金がないと始められないので今の貯蓄をある程度まで増やして、余剰資金で一攫千金を狙うようにしてください。短時間で儲かるバイトやポイ活である程度の資金をためている人も多いようです。

一攫千金を狙うのはいいことですが、無理して失敗し今の生活を脅かすようなことがないよう注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

お得に遊べるおすすめカジノ