オンラインカジノのルーレットを徹底解説!理由や攻略法も

カジノと言えばルーレット。オンラインカジノにおいても、もちろんルーレットは人気です。

ルールのシンプルさと一瞬の勝敗、そして攻略法が非常にたくさんあるというのが魅力でしょう。

この記事ではルーレットの「アメリカンルーレット」「ヨーロピアンルーレット」などの種類や「インサイドベット」「アウトサイドベット」といった賭け方、必勝法である「逆マーチンゲール法」などなど、基本的な部分を解説します。

これらの知識があれば、オンラインカジノを、さらに楽しむことができるでしょう。

オンラインカジノのルーレットは2種類ある


オンラインカジノでプレイできるルーレットは「ライブカジノ」と「テーブルゲーム」のルーレットの2種類あります。

抽選確率としてはどちらも同じですが、やり方が全然違います。

なお、「ライブカジノ」は無料でプレイすることはできませんが「テーブルゲーム」は無料プレイが可能です。

1:ライブカジノのルーレット

名前の通り「ライブ」で生中継で遊べるルーレットが「ライブカジノのルーレット」です。
各テーブルには「ディーラー」が居て、世界中のプレイヤーとともに勝負ができます。

また、チャット機能がありディーラーと会話することもできます。
日本人ディーラーが居るテーブルでは、もちろん日本語も通じます!

無料プレイはできないため、各カジノサイトへの登録前ではライブカジノを遊ぶことはできません。
しかし、登録後にはログインすればお金を賭けずともゲーム内容を見ることはできます。

2:テーブルゲームのルーレット

こちらは「テーブルゲーム」というゲームジャンル内のルーレットです。

ライブカジノにはディーラーが存在するのに対して、テーブルゲームではディーラーが存在しません。

強いて言えばコンピュータ自身がディーラーです。

時間の流れがライブでは無いため、プレイヤーの好きなタイミングでゲームをスタートできます。

また、テーブルゲームは各カジノサイトへ登録前でも無料プレイで遊ぶことが可能です。

挙動はリアルマネーでのプレイとほぼ変わらないため、まず試しに遊んでみるということができます!

オンラインカジノのルーレットの遊び方


ルーレットの大きな流れとしては、
「チップをかける」「インサイドベットかアウトサイドベットを選択する」「配当金をもらう」
です。

選択するまでの時間は、ライブカジノであれば10~20秒程度です。

ディーラーが交代するタイミングや消毒を行っている場合などは60秒以上猶予がある場合もありますが、最初はベットせずに流れを見るのをおすすめします。

テーブルゲームであれば時間が無制限で無料プレイも可能なため、そちらで練習してみるのも良いかもしれません。

チップをかける

「チップ」とはカジノで使用するお金のことです。
実際のカジノではゲームに賭けるさいに防犯上の理由などからお金を一旦チップに変換します。

しかしオンラインカジノはインターネットを介してプレイしているので、他のプレイヤーへお金を盗まれる心配が不要のため直に賭けることが可能です。

1回の勝負で賭けることが可能な金額のレートはテーブルごとに異なります。
多くのカジノサイトでは下限は0.1ドルで、上限は10,000ドル程度です。

10,000ドル以上ベットできるテーブルは下限も10ドル以上といったことが多く、1回の勝負に大きなお金が動くため「VIPテーブル」と呼ばれることもあります。

インサイドベットとアウトサイドベットを選択する

チップを「インサイドベット」か「アウトサイドベット」のどちらに置くか選択します。

インサイドベットとは、上記画像の黄色い部分で囲った範囲です。ルーレットの賭ける範囲の内側の部分のため、「インサイド」と呼ばれます。

各数字単独に賭けることが可能で当たった際の配当金額が高い反面、当選確率は低いです。
また、各数字を跨ぐようにチップを置いて賭けることもできます。

数字単独に賭けることを「ストレートアップ」、2つの数字を跨ぐように賭けることを「スプリットベット」、3つの数字を跨ぐように賭けることを「ストリートベット」4つの数字を跨ぐように賭けることを「コーナーベット」と呼びます。


上記画像の黄色い枠で囲った範囲がアウトサイドベットです。偶数・奇数や、赤・黒といった範囲にまとめて賭けることができます。

ライブカジノでは時間が限られているため、攻略法などを試す場合はこちらにベットする機会が多いでしょう。

当選率が高い反面、配当金はインサイドベットよりも低いです。

配当金をもらう

見事、予想した場所にボールが落ちれば配当金が得られます!

残高は即反映され、ライブカジノであればすぐに次のゲームが始まります。
また、ほとんどすべてのルーレットにおいて「リベット」「×2」などのボタンがあります。

リベットは、同じ場所に同じ金額を賭けるアクションです。矢印が円を描くような記号で示されていることも多いです。

「さっきは外れたけど、次は来るかも…?」といった場合に使います。
×2は、現在置いてあるチップを全て2倍にします。

攻略法によってはリベット機能と合わせて使うことが多いかもしれません。

「先ほど置いたベットを2倍にして賭ける」といったアクションを1回の操作でできるテーブルも存在します。

ライブカジノは時間が限られているため、これらの操作をうまく活用すると良いでしょう。

オンラインカジノの3つのルーレットの種類


オンラインカジノでプレイできるルーレットの種類は、大きく分けて3種類あります。

「アメリカンルーレット」「ヨーロピアンルーレット」「フレンチルーレット」です。
基本的なルールの違いはほぼありませんがRTP(プレイヤーへの還元率)が異なります。

因みに昔は「メキシカンルーレット」といった種類もあったそうですが「0」の種類が「0(シングルゼロ)」「00(ダブルゼロ)」「000(トリプルゼロ)」と3種類もあり、RTPが低いため不評で無くなったようです。

種類1:アメリカンルーレット

アメリカンルーレットはゼロの種類が「0」「00」と2種類存在するルーレットです。

後述するヨーロピアンルーレット・フレンチルーレットよりもゼロが1つ増えているため、RTPは94.74%とプレイヤーには若干不利な還元率です。

その代わり、1回あたりのレートの上限が高くなっています。テーブルによっては10,000ドル
を超える勝負も可能です。

しかしながらRTPの低さはデメリットとしては大きく、攻略法を使用する場合はアメリカンルーレットは避けるべきゲームです。

ハッキリ言ってしまうと、このルーレットで遊ぶメリットはほぼありません。

種類2:ヨーロピアンルーレット

ヨーロピアンルーレットはゼロの種類が「0」の1種類だけのルーレットです。

RTPは97.30%と高く、攻略法にも使いやすいです。

アメリカンルーレットよりも1回あたりの賭け金額が低いといったデメリットがありますが、それでも1回の勝負で最大1,000ドル程度は賭けることができます。

1,000ドルというと、2023年現在のレートで130,000円ほどです。
金額としては十分と言って良いでしょう。

1,000ドル以上の勝負はかなりリスクが高く、それ以上の勝負が可能なアメリカンルーレットのRTPは低いです。

攻略法を試すならヨーロピアンルーレットが適しています。

種類3:フレンチルーレット

フレンチルーレットはゼロが「0」1つで、RTPが98.65%もあるルーレットです。

何故ヨーロピアンルーレットよりもRTPが高いかというと、「アンプリゾン」「ラ・パルタージュ」といったルールがあるからです。

アンプリゾンはイーブンマネーにした場合に「0」に入った場合、半額返金します。さらに半額を次のベットに持ち越します。

イーブンマネーとは「赤・黒」「偶数・奇数」「1~18・19~36」にベットするパターンです。

例えば赤に10ドル賭けて「0」に入った場合、5ドル戻ってきた後に自動的に5ドルを次のゲームの赤にベットします。
ラ・パルタージュは、「0」に入った場合に単純に賭け金額の半額が返ってきます。

オンラインカジノの場合は後者のラ・パルタージュを採用しています。
半額といえど賭け金額が返ってくるというのは、かなり有利でしょう。

フレンチルーレットを提供しているゲームプロパイダは少ないため、見つけたらこのルーレット一択です。

ただし、イーブンベットを使用しない場合はフレンチルーレットと変わらない配当金となります。

オンラインカジノのルーレットの攻略法6選


ルーレットと言えば攻略法ですね。ネット上には、ルーレットの攻略法がゴロゴロあります。

最も有名な攻略法は「マーチンゲール法」でしょう。負けるたびに賭け金額を倍にしていく方法です。

例えば1ドル賭けて負けた場合、負けたら2ドル、次に負けたら4ドル、次に賭けたら8ドル賭けます。

イーブンマネーに賭けた場合、1度でも勝てば今まで賭けた金額+最初に賭けた金額分が戻ってくるという攻略法です。

名前を知らなくとも「ああ、その攻略法か」と思い出す人も居るでしょう。

しかし、この手法で勝利しても最初の金額分しか+になりません。

つまり、マーチンゲール法はハイリスクローリターンの攻略法です。

もっと言ってしまうとルーレットのテーブルにはレートの上限があるため、その上限以上の金額になってしまった時点で負けが確定してしまいます。

この項目では、マーチンゲール法以上の効果的な攻略法をご紹介します!

攻略法1:ベット額を倍にして挑む逆マーチンゲール法

「逆マーチンゲール法」とは、マーチンゲール法を単純に逆にした攻略法です。つまり、勝つたびに賭け金額を倍にしていきます。

例えば1ドルベットして勝ったら2ドル、次に勝ったら4ドル、次に勝てば8ドル…といった流れです。

イーブンマネーに1ドル賭けた場合、10連勝すると1,024ドルにもなります!まさに一獲千金ですね!

マーチンゲール法がハイリスクローリターンなのに対し、逆マーチンゲール法はローリスクハイリターンです。

最大のメリットは、資金が少なくても行えることでしょう。

デメリットとして、あらかじめ賭け金額の上限を決めておく必要があることです。
「6連勝したらやめる」といった勝つためのライン引きが重要となります。
マーチンゲール法も逆マーチンゲール法も、どちらとも資金管理が大事です。

攻略法2:3倍の確率ゲームの必勝法であるココモ法

ココモ法は、3倍配当専用の攻略法です。

マーチンゲール法と同じく、「負け続ける前提」「1度の勝利で黒字になる」という特徴があります。

内容は、負けた場合に1つ前のゲームと2つ前のゲームの合計金額を賭け続けます。
1ゲーム目と2ゲーム目は、同じベット金額を賭けます。

例えば1ゲーム目に1ドルベットして負けた場合、2ゲーム目にも1ドルベットします。

2ゲーム目で負けた場合、3ゲーム目には1ゲーム目と2ゲーム目で負けた合計の1+1=2ドルをベットします。

3ゲーム目で負けた場合は2ゲーム目と3ゲーム目の合計の1+2=3ドルを4ゲーム目に、5ゲーム目は2+3=5ドルをベットします。

マーチンゲール法は10連敗すると11回目で1,024ドルを賭けることになってしまいますが、ココモ法では11回目の勝負での賭け金額は89ドルです。リスクを抑えたマーチンゲール法といえます。

ただし、勝率自体はマーチンゲール法よりも低いです。

攻略法3:2ヶ所賭けるダズンベット

アウトサイドベットには「ダズンベット」という場所があります。数字で表すと「1~12」「13~24」「25~36」の範囲です。

ココモ法でも使用する、3倍配当の部分です。

この部分に2か所、例えば「1~12」「25~36」の部分にベットします。

非常に単純ですが、これだけで勝率が約64.86%になります。

3倍配当に2か所賭けているため、同じ金額をベットすると配当金額は1.5倍です。
因みに「コラムベット」も3倍配当なので、同じ手法が使えます。

攻略法4:自分をコントロールする

ギャンブルにおいて、重要な部分でもあるのが精神面です。

人間はロボットでは無いため、負けが続いたりすると正常な判断ができなくなる可能性もあります。

多くのギャンブラーは負け金額が大きくなるにつれて一発逆転を狙い、よりリスクの高い勝負をしてしまうといった傾向があるそうです。

例えば大負けした後に大勝ちしてプラスマイナスゼロになった場合と、大勝ちした後に大負けしてプラスマイナスゼロになった場合とでは、結果が同じでも精神的には違うのではないでしょうか?

賭けているのは大事なお金なので、常に冷静に判断できるように自分をコントロールしましょう。

攻略法5:ベットするタイミングを図る

攻略法によっては「空回し」を使用する手法もあります。空回しとは、ベットせずにルーレットを回すアクションです。

配当金が発生しないため意味のない行為かと思うかもしれませんが、ルーレットの出目の傾向を掴めます。

例えば3連続同じダズンベットに入った場合に使用できる「98.48%法」などの攻略法もあります。

98.48%法はヨーロピアンルーレット・フレンチルーレットで3連続同じダズンベット(コラムベット)に入った場合、次のゲームで同じダズンベット(コラムベット)+「0」に入る確率が
約1.52%しか無いことを利用した攻略法です。
このように、様子を見てタイミングを図るという行為も攻略法として存在します。

攻略法6:初心者はアウトサイドベッドからスタートする

インサイドベットは、単純に当選確率が低いです。初心者は当たりやすいアウトサイドベットにチップを置くと良いでしょう。

また、アウトサイドベットを利用した必勝法は単純でわかりやすいものが多いです。

最初はアウトサイドベットを利用した必勝法を使い、ある程度慣れてきたらインサイドベットを使用した必勝法を試してみると良いでしょう。

お金を賭けたベットは行わず、無料プレイやライブカジノを見てみる、といったことから始めても良いかもしれません。

オンラインカジノのルーレットには向かない必勝法もある


ルーレットには、ほぼ全ての必勝法が向いています。

しかし、ルーレットだからこそ向いていない必勝法も存在します。
例えばゲームの仕様上「偶数・奇数」または「赤・黒」の両方に賭けることは可能です。

勝ってもプラスにならないため意味のない行為と思われます。

しかしボーナス消化条件を満たすため、このような賭け方をするプレイヤーも存在します。
ですが、こういった「両賭け」はほぼすべてのカジノサイトで禁止とされています。

また、両賭けを行った場合でも「0」に入ると配当金は没収です。「0」に入る確率はフレンチルーレットでも2.7%程度あります。

プレイヤー側にとってもあまりメリットが無い手法のため、両賭けは控えましょう。

まとめ:オンラインカジノでルーレットを楽しもう


今回はオンラインカジノでのルーレットについて解説しました。

ルーレットの攻略法は今回紹介した「逆マーチンゲール法」や「ココモ法」、「98.48%法」以外にもいろいろあります。

ベットを置いた見た目が花のような形になる「フラワーベット法」や、複数の攻略法を組み合わせた「わらしべ長者法」などといったユニークなものなどなど…。

オンラインカジノでルーレットを楽しみましょう!

おすすめのオンラインカジノを知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

お得に遊べるおすすめカジノ